度入りのメガネの相場

度入りのメガネはどのくらいが相場なの?

度入りのメガネは安いものでは数千円、高いものでは数万円と価格に大きな幅がありますが、その相場価格はいったいどのくらいなのでしょうか。2016年のデータによると、近眼や遠視、乱視の人に合わせて使われる単焦点レンズのメガネの相場は約2万1000円からとなっており、いわゆる遠近両用に使われる多焦点レンズのメガネの相場は約3万8000円からです。多焦点レンズのほうが高いのがわかります。ただ、レンズにブルーライトカットやUVカット、防汚コートなどの機能を付けるとその分価格に上乗せされますし、同じ度数であってもレンズが薄いほうが高くなります。度入りのメガネはどんなレンズにするのかによって価格が変動します。メガネを購入する時にはオプション機能の価格も合わせて確認しておきたいものです。

安いメガネと高いメガネは何が違うの?

度入りのメガネの価格を決める要因はレンズ以外にもあります。フレームの素材によっても価格は変わりますし、レンズやフレームの製造方法も価格に反映します。一般的に大量生産が可能なものは比較的安く、手作業での繊細な加工を必要とするために大量生産ができないものは高くなる傾向があります。また、自社工場で部品を製造しているか、外注品を仕入れているのかでも差が生まれます。外注品を仕入れる時はその分のコストがかかりますが、自社工場で製造するとそのコストがかからないので安くなるというわけです。 このようにメガネの価格はさまざまな要因が反映されています。しかしここで注意しておきたいのは、安いから質が悪いというわけではないということです。価格が安く抑えられているのは低コストで商品を提供できる体制を整えたからといえます。価格だけで商品を判断せずに、自分に合ったメガネを選びたいものですね。