選ぶ際の注意点

あまりにもよく見えるレンズにしてしまうと目が疲れる

度入りメガネを購入する際、どのような点に注意すればいいのでしょうか。まず一番重要といえるのは視力に合ったレンズを選ぶという点です。度が入っていても視力に合っていないものを選んでしまうと、視界がぼやけてしまいますし、健康被害を受けてしまうこともあります。しかし、逆にあまりにもピントがくっきり合うもの、つまりメガネをかけたときの視力が2.0ぐらいになってしまうものを選ぶと目が疲れやすくなってしまうという問題もあるので、メガネ店の人と相談して、メガネをかけたときの両目の視力がちょうど1.0ぐらいになるレンズを選ぶといいでしょう。 メガネ店でメガネを購入する際、必ず店員によってメガネをかけたときの視力を測ってもらえるので、視力が1.0ぐらいのレンズは簡単にわかります。もし、それだと少し見えづらいということであれば、店員に要望して視力が1.2ぐらいになるレンズにしてもらうといいでしょう。

度が強いメガネを選ぶ場合はレンズの材質に注意

裸眼での視力がかなり低い人が度入りメガネを作る場合、レンズの材質も重要です。というのは、度が強いレンズほど厚みと重さが増すからです。もし、ガラス製のレンズで度の強いメガネを作った場合、かなり分厚く、重くなってしまうので、かけると相当負担になってしまいます。したがって、度の強いメガネを作るのであればレンズはプラスティック製のものにした方がいいでしょう。プラスティックレンズであれば、度が強くてもガラスレンズよりは薄くて軽いものになるからです。

近視だけではなく老眼の問題もあって度入りのメガネを作りたいという場合は、近視用のメガネだと問題が出ます。近くのものにピントが合わず、メガネを外さないとよく見えないからです。したがって、遠近両用のメガネを選ぶようにしましょう。